秋の味



やっと秋らしくなって熱いものも美味しく感じるようになってきた。

ハードブレットもオーブンの前での焼作業も楽になってきた。

今回は国産小麦粉を使用したリュスティックを焼いてみた ほとんど成形

しないで分割しただけで焼いた。



s_o1.jpg


自家製のバジルペーストとバターで食した。


s_o3.jpg


山の実山椒も真っ赤に色づいていたので粉山椒用に採集してきた。

数日天日で干すと黒い種が吐き出される 種を取り除き粉にして普段使いする

何でもよく調和させてしまう不思議な魔力を感じる 市販品とは別物だ。


s_o7.jpg



サクラマスをボードに取り付けた変形ボードなのだが良いのではないだろうか

無事に納品できた。 また良い仕事をさせていただいた。



s_o8.jpg














































































雄鱒


やっとのことで依頼を受けていた雄鱒が完成した。

残りバックボードに取り付けて引渡しとなる。


s_DSC00078.jpg



資料は十分な量を頂いたので。かなり詳細かつデリケートな塗装ができた。

最後は本人立ち合いで確認の上微調整の着色を行いフィニッシュした。


s_DSC00077.jpg



今回もあえて口は閉じて製作し全体のプロポーションを強調するようにしている。

なかなか映像では分からないところがあるが、ぜひ実物を見て頂きたい

ところである。



s_DSC00080.jpg




s_DSC00081.jpg




s_DSC00079.jpg

















































































バケット修行


今年夏前からバケット作りにはまっている。

パンは前から作ってはいたものの遂にシンプルかつ泥沼のように

奥の深いものに、はまりこんでしまった。

食べると市販品にはない食感、美味さがあり酒のつまみにも大変よろしい。



s_fp2.jpg


自分の手で作るということは、世の中のわからない部分、知らない物

を、解明するようで充実感と、うまくできたときの爽快感は、何にも代えられない

しかしながら、事はそううまくはいかない、物事はアプローチの角度が無数

にありプロセスは千差万別、好き嫌いをいれると正解などというものは、

考えないほうが良いと思われる。

やはり、求めるハートがないと何事も上手に出来ないということだろう。


s_fp3.jpg


私は、試行錯誤を繰り返してなかなか上手くゆかないが色々な手段を講じて

納得のゆく仕上がりを目指しているがハードルが高く今後も苦戦が予想される。






































































K川支流の雄鱒

   
6月に入って鱸が釣れまくっていたころにO氏から連絡が入り

とても良い鱒が釣れたので剥製にしたいので持ち込みするとの

ことであった。

s_IMG_20160802_0002 - コピー




s_IMG_20160802_0001 - コピー

非常に体高があり、うっすらピンク色が出始めた剥製になるために遡上

してきたとしか思えない様な鱒であった。

6月でこれだけ体高があるということは、遡上時はもっと豊満な魚体

であったことは想像に難くない。

この様なすばらしい鱒を見ると製作意欲が刺激されて必要以上に

拘り手を入れすぎてしまう、物つくりしている人間の習性なのだ。


s_001.jpg

胃袋はからっぽで薄くなり退化しているように見える。

身の色は遡上時は濃いオレンジなのだが白鮭なみに薄くなっていた。

それでも6月のこれほどの立派な鱒はめったにいない。

現在鋭意製作中、納得のゆく仕上がりになるであろう。

















































































フィッシャーマン必見映像!



ネット検索していたら驚きの映像を発見した。

見ていると肩が凝り疲れた。


https://youtu.be/zgfpsupmu98

上記のURLで動画を見ることができるのでいざという時のための

参考になる。

s_無題09



恥ずかしながら私も2回ほど貫通させて針先を切る方法で自分の処置を

したことがある。

たぶんこの方法が、一番楽なのだと思っている。

油断するとあっという間だからね!





































































FC2カウンター
プロフィール

渡部秀夫

Author:渡部秀夫
FC2ブログへようこそ!
996 0026
山形県新庄市大町19-23  
MAIL rivermaster10@river.ocn.ne.jp
TEL 090-9636-1503
現在鋭意製作中 暫しのお待ちを!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR