アメリカンスタイル




書類を整理していると、私の人生を左右した原因のひとつのカタログ

が、出てきた1979年版のツネミのパンフレットだ。

アメリカンスタイルの派手な塗装の剥製がアーティスティクで私は一撃

でノックアウトされた。

当時はルアー フライは一般的でなく、そのようなもので鱒類は釣れない

と一般的には思われていた。 そのような時代であった。

当時わたしは、たまたま私鉄沿線駅前にある釣具屋へ、光に引き寄せ

られた虫のようにショーウインドウのディスプレイに魅せられ店内へ

入ってしまったのが始まりの始まりであった。




コピー ~ IMG



店内には、アメリカ製のレインボウの剥製やルアー、フライが、その存在を

誇示するように、整然とピカピカしながら、未体験ゾーンを構成していた

のだった。 「鱒を釣ってみないかい」と言われて手渡されたのがこの

パンフだった。 アパートに帰って一晩穴のあくほど読みふけり次の晩

フェエンウィクの竿とミッチェルのリールを手にして別の世界を覗いて

しまっていた。





コピー ~ IMG_0002



数年後には、ザックとロッドケースを持ってアンカレッジ空港に

降り立っていた。



下段はフランス製のメップスのパンフ当時のスーパールアーだった。

当時のフックは、お粗末な物だった。

ヤスリで砥いで使うのが普通だった。



コピー ~ IMG_0003



人生にはこの様な避け切れないシーンが時々ありその後の生き方を決定する

ようなトランジションがあるものだ、今当時のことを懐かしく反芻する。




















































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

渡部秀夫

Author:渡部秀夫
FC2ブログへようこそ!
996 0026
山形県新庄市大町19-23  
MAIL rivermaster10@river.ocn.ne.jp
TEL 090-9636-1503
現在鋭意製作中 暫しのお待ちを!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR