雄岩魚



最近は手慣れたお客様が多く魚の扱いが丁寧で非常に良い状態で持ち込んで

くれるので仕事がやり易い。

資料映像も良い映像を大量添付してくれる。20~60ショット

当然魚のクオリティーも上がることになる。


s_DSC00309.jpg



今回はボードのビートを増やし細かい躍動感をだした。

ボードの削りも法則をつくり気分で削らないようにしている。



s_DSC00308.jpg



持ち込み状態が良かったので白点が良く残り背中のほうの模様も

良く表現できた、試行の結果、白点表現も新しい技法でチャレンジした。

結果、彩度がランクアップしたようだ。



s_DSC00310.jpg



s_DSC00311.jpg



今回も、いろんな角度から、ブレイクスルーを図りチャレンジした。

思ったら熟考のうえ実行する。ゆっくりやる。迷ったら翌日にする。

すべて意図的にやることが良い結果につながる、偶然ということは

この仕事には無いということなのだ!


























































スポンサーサイト

内反りその2



やはり今年は例年になく梅雨が早い、予定が立てづらい。

薪割も遅れはしたが、晴れ間を見て勝負して全部割っておいて良かった。

今回内ぞりモデルを製作したが制作面では問題はないのだが、問題は

ディスプレイの方法が難しかった。


s_DSC00302.jpg


60cmのデカバス


s_DSC00297.jpg





s_DSC00293.jpg




剥製が受けた光がまわりに拡散するために焦点、見せ所も拡散するようで

内ぞりを飾るときは下から見上げるようにディスプレイしたほうが良いようだ。

ボード上に30度ほど下向きに傾斜をつけてセッティングしておいた。

内ぞりは、動きの面では非常に優れているが最後のディスプレイが難しい

面上でなく立体のディスプレイも考えなくてはならないのか?

今後の検討課題だ。



























































































内反り その1


今年は例年になく寒気が入り気温が低くパターンが違うようだ。

今回薪調達が新しい場所で自力伐倒搬出を行うことになり、技術的経験的な

問題が多々あり、予定が大幅に遅れた。

今日やっと運び込んでいた玉切木を割る作業をおこなった。


s_DSC00284.jpg


  
s_DSC00285.jpg


午後から2時間の作業で1立方ほど薪を積むことができた。

ここまでやると何故か達成感がじわじわと起きてくる。


s_DSC00286.jpg


今回の新作サクラマス内反りにした。

ひかりの反射が、拡散し、魚に動きが出て、なかなかヨロシイ。


s_DSC00287.jpg




s_DSC00290.jpg


あと数回コーティングを施して完成となる。
















































































2016のカラフトマス



かなり、以前の作品のダメ出しにもとずいて、徹底的に客観視した

うえで技術的部分のブレイクスルーを図った。


ka42.jpg



頭部は以前より気になっていた欠点をかなり克服できたと思っている。

カラフトマス特有のむずかしさも課題としてあるが、リアルに上がった。



ka41.jpg





ka43.jpg



こうしてみると、口の閉まっているものが、魚のプロポーションを強調しているのが

良くわかる。

最近は閉口している作品を多くつくっているが、お客様の支持も多い。




































































鋭意製作中!

  

1月は、インフルエンザの大当たりで家族中蔓延した。

終われば大雪、ろくなことはなくやっと順番待ちのフラットフィッシュを仕上げた

今回はカラフトまあまの魚体。


s_p3.jpg



トータル3体分仕上げなければならない。

この手の魚はすこしの思いと調味料を追加することで仕上がり

が変化する。


s_p2.jpg




s_p1.jpg



もうすこしで鱒の解禁になる。

早めに完成に持ち込みたいものである。









































































FC2カウンター
プロフィール

渡部秀夫

Author:渡部秀夫
FC2ブログへようこそ!
996 0026
山形県新庄市大町19-23  
MAIL rivermaster10@river.ocn.ne.jp
TEL 090-9636-1503
現在鋭意製作中 暫しのお待ちを!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR