スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪中ナメコ採り



s_DSC00999.jpg


今年も雪が早いようですっかり雪模様になった。

今日は剥製作業があったのだが、予定を変更してナメコ採りに

入山した。

ちょうど良い雪で藪が倒れて歩きやすく見通しも良い。




s_DSC01004.jpg



100m程歩くと、すぐに、倒木に雪がかぶり雪のきれめに大きな開きナメコが

群生していた。 雪を払いのけながら慎重に採取した。

雪があると落ちたナメコに落ち葉など余計なごみが付着せず大変良い。

しかしながら、シーズン終盤なのでほとんどが腐れている、映像の様な

綺麗なものは、ほんの少しでこの場所は、来年は10月後半からが良さそう

だった。



s_DSC01001.jpg


ナメコはどんな料理でもよいが、親鳥の醤油で煮たものと一緒に煮上げると

絶品である、コツは水をくわえないで、醤油の半分の酒で親鳥を煮、酒を煮飛ばした

所にナメコを加えて煮上げる、ナメコの野性味と親鳥のコクがベストマッチ

ごはんに乗せても良し、ソバのトッピングも良し、おろしナメコも最高!



s_DSC01005.jpg



11月27日現在もう今年は、十分な量を確保したので

終了にした。   また来年のお楽しみとしよう。















































































スポンサーサイト

今年最後のナメコ採り


久々に、気温が上がり天気がよいので、今年最後のナメコ採りにいった。

予想はしていたが殆んどのものが1週間遅く質の低下したものだけであった。


DSC00008_convert_20141121174246.jpg



茸の軸が茶色になり、かさの裏も変色している。

この様なものは私は採取しない、あくまでも極上のものしか持ち帰らないことにしている。


DSC00010_convert_20141121174506.jpg


しかし、もったいないもう少し早く来ればと悔やまれる。

今日は,この様なものが殆んどで8割方遅かった。


DSC00011_convert_20141121174613.jpg


下の映像は本日最大の極上ナメコの図

最後に殆んどあきらめかけて帰ろうかと思っていたときに見つけた。

この一本でザックがいっぱいになった。



DSC00013_convert_20141121174747.jpg


好天で鳥海山がきれいであった。


DSC00018_convert_20141121174900.jpg


今年もあと僅か、このような晴天が何日あるだろう?

山の恵みを背に枯葉を踏みしめながら帰路に着いた。


DSC00025_convert_20141121175002.jpg
























































































PC ダウン

かなり以前から山で大量にナメコが発生しているという話を聞いていた。

気になっていたので現地調査を行ってみたところ、あるところには大量に発生

していた。

場所なのか条件なのか、発生の無い所は徹底して無かった。

山のその年の条件なのか?一度発生して腐ったナメコがかなり大量に

発生している木を見つけたので来年のお楽しみとすることにしよう。

映像のナメコは黒いものが腐れナメコ、そのあとに新しいナメコがではじめていた。


name1_convert_20141118173449.jpg


今年は大量に採取したので親鳥と煮ておいしく頂き後は冷凍にして保存用にした

只今コンピューターが故障中でこのブログは借り物のXPを使用している為

メールは使用不能です、御用の方は直接携帯に電話お願いいたします。


11月19日pc復旧メール使用可能になりました、ご迷惑おかけいたしました。
























































4年経過


私が病気になって4年が経過した。

リハビリのために、ウォーキングをしていると、奥羽山脈の火打岳が

目に入ってくる。

特異な形状の山塊を見上げていると、いつかはきっとと言う気持ちにさせられた。

今回、4年目にして単独登頂にチャレンジという暴挙にでた。




hiu1.jpg






心臓破りの一の坂をすぎると約25%の位置となる針葉樹が目立つ。

hiu2.jpg






hiu3.jpg

二の坂を過ぎたあたりで沢向かいの台山が良く見えた。



hiu4.jpg

かなりの急勾配の登りが続く、登山なので登るのが当然で苦しいのは

しょうがない、初めてのコースなのでペース配分が判らないからだ。




hiu5.jpg

たぶん今年は雨が降っていないので、この倍の距離を降ることとなるだろう。





hiu6.jpg

火打岳直下の高山植物、名は知らない。あまり綺麗に見えたので撮影。



やっとのことで頂上に立った、ここまで3時間かかった。


hiu7.jpg


ここより東北一番の痩せ尾根が20km程続くパノラマコースになる。

今日はここまでにしよう、それは次回のたのしみに!


hiu8.jpg





hiu9.jpg





hiu10.jpg
そそくさと帰路に着く振り返ると火打岳。




hiu12.jpg

やっとブナ帯を過ぎ針葉樹帯、もうすぐ終点になる。









































































FC2カウンター
プロフィール

渡部秀夫

Author:渡部秀夫
FC2ブログへようこそ!
996 0026
山形県新庄市大町19-23  
MAIL rivermaster10@river.ocn.ne.jp
TEL 090-9636-1503
現在鋭意製作中 暫しのお待ちを!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ニュース
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。